あなたは、子どものまっしろなキャンパスにどんな絵を描きますか?

この世に生まれて、幼児期は素晴らし成長して行きます。

特に三つ子の魂百までと言われるようにたくさんたくさん覚えていきます。

この時期に、親からの愛をたくさん受けて育った子は、人に対していっぱい愛を注げる人になります。

この時期は、たくさん詰め込むだけ覚え記憶として残り、素晴らしく物事も暗記していきます。

さて、この時期は人間としての人格形成の大切な時期です。

人格の基礎になる大切な時期です。

たくさん絵本を読み聞かせしてもらった子は、本が好きになりますし、話すことが好きになります。

喋りも上手くなります。

この時期に、社会のルールも覚えます。

大きくなってから、覚えたいいなんて思っていませんか?

違うんです。

この時期に、覚えたルール絶対的で、インプットされ大きくなって覚えた正しいルールは、入ってこないのです。

この時期は、何を大切に育てるか考えてみましょう。

大きくなってからすればいいではないのです。

発達に遅れがあるお子さんもそうなんです。

早期に、適切な療育を受けた子は、凄く伸びる時期なんです。

 

たくさんたくさん覚えて

発達の著しい時期なんですよ。

真っ白な子どものキャンパスを描くのは、親なんです。

素敵な絵を描きましょう。

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です