ママ、求めすぎないで ~ゆっくりしかできないの~

完璧にしょうとするから、人の目が気になりますね。

子どもに求めてしまう親心

子どもが自分で動き始めるようになると、

「もっときちんとさせなくては」「もっとちゃんとできるようにならなくては」

「いつもしっかりしていないと」のように、

自分にも子どもにも厳しくなり、要求水準を上げてしまいます。

 

周りやガイドブックなど比べながら不安を抱えてしまいますね。

 

今の子どもの状況や自分の気持ちに目を向け、大切なこと、

ほんとうに必要なことに気づく力を身につけましょう。

完璧思考は子どもを追い詰める

2歳を過ぎるころ子どもはいろいろなことを「自分で」やりたがる時期に

さしかかると親側は、「もどかしさ」でいっぱいになります。

 

不完全で発展途上、ぐちゃぐちゃでばらばらな混とんとした世界につき合うことに。

完璧から最も遠い時期と心得てね。

不安思考が子どもを弱くする

保育園・幼稚園や公園などわが子以外の子どもたちと接することや

他のお母さんたちの親子関係を見る機会が増えますね。

 

いろいろな関わり方、いろいろな考え方に触れることも増え、

「私のやり方でいいのかしら」「うちの子は遅れてる?」

「もっといい子育て法があるのでは?」と

不安が大きくなることもあります。

病気への不安も大きくなり、安全や清潔への対処が

やりすぎになってしまうことも。

 

漠然とし不安には自分なりの安心のもとを用意しましょう。

そして、「大丈夫」と思える時間を長くしてくださいね。

過度の期待や不安、求めすぎないを回避しましょう

1.「~するべき」と思ったら

「~に越したことはない」と言い換える

 

2.「ダメなところ」に目が向いたら

「OKなところ」を3つ探す

 

3.「高級なチョコ」のように

自分なりの幸せ・安心のもとを見つけておく

 

4.「無駄!」「こんなの最低」と思ったら

「よくやってるよ」と自分をなだめる

 

5.「意味があるとしたらなんだろう?」と

いう眼で見てみる

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です