春はワクワク・ドキドキ子どもの心が乱れやすいです ~心を安定させるヒント~

新学期がはじまり、入園・入学・進学・進級して

子どもたちの新しい生活がスタートしました。

毎日がワクワク・ドキドキなんです。

だから、すぐ泣く、暴れる……春は子どもが不安定なりやすいんです。

 

🌷 まずは、子どもの感情が揺れ動く原因を知りましょう

原因を知ることは、子ども気持に寄り添うことです。

●原因1時期の原因:春は親子ともにストレスを抱えやすい

春は生活環境の変化が生じやすい時期です。

未知の環境に入っていくときは、

誰でも不安で緊張し、プレッシャーがかかります。

親もわが子がうまく適応できるかと不安になりがちで、

春は親子ともども気持ちが乱れがちになります。

 

●原因2環境の変化:お母さんから友だち中心の生活に

大きな変化はお母さんとの関わりが中心の生活から、

友だちとの関わりが中心の生活に変わることです。

周りの大人は、自分の目線にあわせてくれ、要求にもできるだけ答えようとしてくれます。

でも、友だちは、遠慮なく自己主張してきます。

大人のように合わせてくれません。

ここでいろいろなタイプの友だちとの付き合い方を学ぶのです。

思いどうりにならずストレスが溜まりやすくなります。

●原因3性格的特徴:どんな性格の子でも心は乱れる

心が乱れる原因は子どもによってそれぞれ違いますが、

どんな性格の子にとっても、

環境が変化する春は試練のときなのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

🌷 すぐ「泣く子」「怒る子」にしないためにも

子どもは、思っている以上に、親の影響を受けるもの

親の姿勢、心の状態を見詰めてみましょう。

 

*どっしり構える

親の不安は、子どもに伝染します。

親がちょっとしたことに動揺したり、

感情的になったりすると子どもも不安になり、

泣いたり、怒ったりしやすい子になっていきます。

 

*わが子を信じる

人は周りが期待するような人間になっていくというものです。

誰でも人からどう思われているかには敏感です。

ちゃんと思われている子だと思われていると、

いい加減なことをしなくなります。

 

*親のストレスを解消する

人はストレスを溜め込んでいると、ちょっとしたことでイライラ怒ったり、

すぐ気持ちが沈んで泣きたくなったりします。

親が感情的な反応を示せば、子どももすぐに怒ったり泣いたりと

感情反応を示しやすくなります。

子どもの気持が安定させるには、親の気持ちが安定していることが

不可欠なんです。

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です