子どもがやる気の灯のスイッチを入れるために

「○○しなさい」そして「今やろうと思っていたのに、お母さんのせいでやる気がなくなった」と

こんなやり取りよくありますよね。

 

やる気とは、積極的にやりたい気持ちを持つことです。

子ども自身が「やってみたい」「楽しい」と思えば、自然にやる気アップにつながります。

例えば、宿題をやりたい気持ちになっていないから

やらないというのでは、嫌なことから逃げる大人になってしまうと心配ですよね。

やらないと子どもは、わかっていているものの

嫌なことは後回しなってしまう場合もあります。

言わなきゃいいとわかっていてもついつい口を出してしまう、手も貸したくなる。

 

何も言わないのがいいのですが

どうしても一言いってしまいそうときは、

こんなふうに声をかけたらどうでしょう。

それは、「どうする?」「どうしたらい?」「どうしょう」と

 

「どう?」という声かけは、

こども自身の気持ちや考えを引き出すフレーズです。

「宿題しなさい」「ご飯食べなさい」などの命令口調は

「しないといけない」「するべきだ」と

脳に伝わって、ストレスがかかってしまいます。

 

言葉かけも大切だけど表情やしぐさのほうが

相手に与える影響が大きいと言われています。

 

 

やる気はあるけれど、長続きしないことがあります。

例えば、

野球をやり始めたら、すぐ嫌になって今度はスイミング。

英会話も興味があるけどバイオリンも習ってみたい。

そんなふうにいろいろ興味を示す子は好奇心旺盛な証拠です。

いろいろやってみて、そのうち自分にピッタリのものを見つけます。

今は、自分に何があっているか見極める時期なのでしょう。

 

やってみて、面白くないと感じたらやめればいいんです。

何でも経験すればいいんです。

やめるのもやめないも自分で決めさせましょう。

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です