パパとの会話が子どもの学力を伸ばす。

ご存知ですか?

頭のいい子は、父親とのいい関係を持っていることが多いということを。

 

あるデータから

夕食をひとりで食べることがあるか?

全くない……偏差値48.9

あまりない……偏差値48.25

ときどきある……偏差値48.25

よくある……偏差値44.88

 

このデータは、子どもがひとりで夕食を食べている家庭では、

子どもの学力が低いことを物語っています。

親子でさまざまな会話をしながら食卓を囲む習慣は、

子どもの学力アップにつながります。

子どもの学力を伸ばすには、家族の対話が不可欠。

子どもの話しを聞き出すには

「子どもに長く話してもらう」」「子どもをのせるあいづちを打つ」ことに

注意してくださいね。そして、子どもの話す内容をじっくり聞くことです。

 

あいづちのポイントは「さしすせそ」を上手に活用することです。

さ……さすが

し……信じられない

す……すごい

せ……せっかく

そ……そのとおり

 

これらの言葉をパパが巧みに使えるようになれば、

子どもは、「パパは、自分のことをわかってくれている」と

いう思いが芽生え、何でもはなしてくれるようになりますよ。

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です