愛情不足かもしれないどうしたらいいの? ~愛情不足を感じさせない大人の接し方~

パパやママが子どもに対して愛情を持って接しているつもりでも、

その接し方によっては、受身である子どもにとっては、愛情不足に

受け取ってしまうことがあります。

では、どのようにすればいいのでしょうか?

 

💕 子どもの欲する愛情を与える

子どもが欲する愛情とは、自分の存在を肯定してくれるということを

いつも感じて安心することなんです。

そのために、子どもの気持ちに寄り添い、理解を示す接し方を心がけることが大切です。

・大袈裟なくらい褒めてあげる(頭をよしよししてあげる)

・抱っこや手をつなぐなどのスキンシップ

・甘える時はとことん甘えさせてあげる

・子どもが挑戦するときは黙って見守る(先回りして口出ししない

💕 過干渉、過保護にならないように

子どものわがままをすべて受け入れる過保護や子どもが望んでもいないのにことをやりすぎてしまう過干渉。過干渉も過保護も、一見どちらも愛情を持ったゆえの行動であるよう思いますが子どもにとっては良い影響にはならないのです。

親が思う愛情と子どもが思う愛情が食い違っているのです。

 

💕 ゲームやテレビは子どもに愛情不足と感じさせる

子どもはパパとママのことが大好きでコミュニケーションを常にとってほしいのです。

 

ゲームやテレビなどの非現実的映像に過剰に接することは、

親と子が直接顔を合わせて現実体験を共有する時間を減らしてしまいます。

このように親と子ども感じ方が違います。

子どもに寄り添い、理解を示す接し方を心がけ、

それには、コミュニケーションやスキンシップが大切になります。

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です