子どもを叱ったら、すごく泣いてしまいました。これって虐待したかも。しつけとの境界線は?

しつけのつもりが……。ということありますよね。

 

虐待としつけはどうちがうのでしょうか?

いきすぎたしつけは、しつけではないんですよ。

しつけには愛♥があるんですよ。

・子どもに愛情がある?

・親の感情があるか?

・身体的、精神的、性的に追い詰めるものは虐待

・子どもの気持ちが見えてるか?

 

子どもを傷つけているのは、もう虐待なんです。

子どもの気持ちが見えず、自分の気持ちが昴り、感情で怒ってしまうなんて……。

置き去り・締め出し・閉じ込めは、どうなるのでしょう。

昔なら、こういったしつけをしている家庭が多かったですよね。

こんな事件、覚えてないですか?

山で、置き去りにして……。

これは、何がいけないのかというと

子どもから目を離したことなんです。

子どもは、親が想像もつかない行動をとることがあります。

一歩間違うと命にも関わることがあるんです。

 

後悔したり、子どもを傷つけたりする叱り方はよくないですよ。

叩くのは、どうなのでしょうか?

叩くのは、暴力・体罰になります。

暴力は、感情が入ります。

体罰は、愛情が入ります。

ケガするまで叩く、これは感情が入ってますよね。(暴力になります)

手加減して叩く、これは愛情が入ってますよね。(体罰になります)

全く、叩かれた経験がなく親になったり、育った子はどうなのでしょう。

痛みを知らない、手加減ができない子になってしまいす。

叩くのであれば、感情のコントロールして愛情を持ち手加減して叩くのは、ありかなと思います。

 

親も子どもと一緒に成長するんですよ。

みんな、試行錯誤しながら、

不安を持ちながら

 

ひとりで悩まないでね。

子育ては、孤立が一番いけないのです。

 

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です