子どもを「いくら叱ってもかわらない」と悩んでいませんか? 

「人前で子どもを叱れない」「厳しく叱っているのに、言うことを聞かない」と

悩んでいませんか?

でもね。

考えてみてください。

「叱る」のは、他人を意識することではないのではなく、

本来の目的は、親の意図をしっかり伝えることです。

 

「叱る」より「伝える」が大事

◆ 効果のないり方

「叱ってもも効果ない」「何度言っても同じことを繰り返す」と感じる。

こんな、叱り方してないですか?

1.ヒステリックに叱る

子どもが言うことを聞くのは、おかあさんが怖いから。

「怖いから言うことを聞く」のは、裏返せば「怖い人がいなければ、何をやってもいい」という

理解に終わります。

子どもは、「何が良くて、いけないのか」を

学ぶことができず、結局同じことを繰り返して、またお母さんを困らせます。

 

2.愛情のさじ加減で叱る

子どもが言うことを聞いたときは、「○○ちゃん。大好きよ~」と

愛情たっぷりの態度で接しますが、聞き分けがないと

「○○ちゃんなんてお母さん大嫌い!」と冷たく突き放すようなり方をしています。

子どもはお母さんの愛情を失いたくないので、

必死でその場は言うことを聞きます。

でも、親の顔をうかがうようになるだけで、

やっていいこと、悪いことの学びなりません。

 

3.性格にレッテルを貼って叱る

「あなたはグズなんだから」「乱暴な子ね」と

性格のせいにして叱っても、子どもは性格をなおすことは出来ないのです。

言われた子どもは、悲しくなるか、反発して怒るかどちらか です。

 

◆ 叱るより効果的な”伝えかた”

1.子どもがイメージできるように

2.いいところを見つけてほめる

 

◆ 子どもの発達を楽しむ気持ちで

子どもは成長とともにできることが増えていきます。

1年前にできなかったことが、今年はできるよになります。

そちらに目を向けたほうが、子育てはずっと楽しくなりますよ。

 

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です