子どもにとって「朝食」はとても大切。🍴 なぜ、大切なのでしょうか?

子どもにとってだけでなく朝食は、大人も大切です。

私が保育士であった時、朝食をとらないで登園してきた子どもは、元気がなかったです。

 

子どもの成長を考えると、朝食は特に重要になります。

 

 

🍴 朝食が大事な理由

1.体内に不足しているエネルギーの補給のため

朝起きたときは、エネルギーが不足しています。

寝ている間にも少しずつエネルギーを消費しているからです。

脳を使うのにもエネルギーがが必要です。子どもたちは午前中にたくさん学習しますが

そのための集中を発揮するにもエネルギーが使われます。

 

2.体内時計のリズムを整えるため

人は、朝目覚め、昼活動し、夜にむっかって眠くなるというリズムがあり、

体内時計があるから毎日正しく繰り返されます。

朝食をとることで体内時計のリズムがうまく整えられます。

 

3.朝食をかんで食べることでセロトニンの分泌が促される

「セロトニン」は「幸せホルモン」とも呼ばれる神経伝達物質で、体内で合成されます。

セロトニンが不足すると気分が落ち込む、眠気を及ぼす「メラトニン」がつくられ不眠になるなど、

毎日元気に過ごすことができなくなります。

不足すれば、うつ病や精神疾患などの発病にもつながるのです。

「かむ」という行為もセロトニンの分泌を促します。

 

4.体温を上昇させ、身体や脳を活動的にさせるため

寝ている間は人の体温は低下していますそのため、朝食は体温を上昇させるのに役にたちます。

 

5.排便のリズムをつくるため

朝食をとることで腸が刺激され、朝の排便のリズムが定着します。

 

 

朝食は、毎日を元気に過ごすためにとても重要なものです。

日々の体調不良も朝食抜きが原因になっている可能性があります。

元気に過ごすためにも朝食の習慣を身につけることが大切です。

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です