スキンシップで愛情ホルモンをたくさんだしましょう。

子どもの脳と心の成長に、スキンシップは大事な役割を果たします。

 

🌷 スキンシップが幸せの根っこをつくる!

スキンシップの大切さを知っている方はたくさんいますが、

スキンシップがなぜ大切なのでしょうか?

それは、子どもの中に幸せの根っこをつくってくれるからです。

優しく触れると「人って温かくて心地よくて安心できる存在なんだ」という

人への信頼感が育つんです。

小さいころから親とのスキンシップが多かったこは、

こうした信頼感の他、「時分は生きている価値がある存在だ」といった

自尊感情が持てるようになるります。

また、キレるなど衝動性や攻撃性が低い子になる。

社会性の高い子になることもわかっています。

子どもが求めた来た時にしっかり愛情こめて抱きしめましょう。

 

🌷 スキンシップは愛情ホルモン”オキシトシン”をつくる!

「オキシトシン」は脳内物質の一種で愛情ホルモンとよばれ、

主に人と密接な関係を深める。

愛情や絆を深める。

安らぎや幸福感を高めるなどの働きがあります。

この「オキシトシン」がもっともよくでるのが、

好きな人との愛情こもったコミュニケーションです。

 

🌷 子どもを強くなるオキシトシンの3つの力

1・触れる人との愛着関係が強まる

オキシトシンの一番の力が、相手への愛情を深め、

双方の愛着関係を強めてくれる。

スキンシップによってお互いのオキシトシンがでて

優しい気持ちになれます。

 

2・学習能力(記憶力)が高まる

オキシトシンがでると一時的な記憶が高まり、記憶力がアップします。

心身がリラックスするため、目の前のことに集中できるようになります。

記憶力と集中力が高まることで、学習能力が向上します。

 

3・ストレスに強くなる

オキシトシンは、ストレスホルモンの血中濃度を下げて

ストレスを抑える効果がわかっています。

心拍数や上昇した血圧を低下させたり、不安や恐怖をやわらげて安らぎの

感情を高めたりする働きがあるため、オキシトシンがよく出ると、

ストレスがあっても落ち着いた状態でいられる。

 

🌷 皮膚と脳はきょうだい!皮膚は「露出した脳」です。

脳と皮膚は同じ細胞層からつくられています。

そのために、皮膚からの情報はダイレクトに脳に届きます。

スキンシップで心地よい刺激を受けると、

それが脳に伝わって活性化されます。

優しく温かなスキンシップは子どもの脳を

心地よく刺激して、情緒や感受性が豊かになるなど、

発達に良い影響をもたらします。

 

🌷 ふれあいの多い子ほど、その後の自立は早くなる

スキンシップは心の栄養です。

心が安定すると自尊心や人への信頼感が育って、

お母さんを安全基地、として、子どもはどんどん外の世界に出ていけるようになります。

時間がないときは、

ところどころでぎゅっと抱きしめる。

 

 

時間のある時は、

絵本を読んだりじゃれつき遊びをしたり、

家事を一緒にして「ありがとう」と頭をなぜたりする。

 

オキシトシンは、優しい言葉をかけるだけでも出てきます。

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です