モラルハラスメント(言葉のDV)とは ~特徴、こんな発言にはきをつけて

最近、人間関係で悩んでいる人多いですね。

私のホームページの検索も人間関係のトラブルが多いです。

中には、自分では気がついていないですが、

『言葉のDV』=モラルハラスメント(モラハラ)だったということが

たくさんあるようです。

言葉のDV(モラルハラスメント)とは、どんなものなんでしょうか?

 

 

💕 モラルハラスメント(言葉のDV)とは

モラハラの中には子どもの喧嘩のようなものから

相手の人格を否定するような攻撃的なものまで様々なもが含まれています。

モラハラで負った傷は目には見えないので

本当にモラハラと言えるのか判断が難しい場合かあります。

 

言葉のDV(モラハラ)は自分より立場や弱い相手に対して精神的暴力のひとつであり、

いじめやハラスメントの手段となる場合があります。

肉体的・物質的な暴力に対しては、法律的に広く認められていて、

防いだり反撃したりすることができます。

でも、言葉のDVに関しては、日常的に起こっているために

どの程度が暴力として認められるか判断が難しく、

身体的DVのような痕跡も残らないため、

法律的にも身体的DVほど守ってもらえないのです。

いくら辛いと訴えてもその度合いは人によって異なり、

本当にそんなことを言われた証拠もないために

なかなか助けてもらえないのです。

「キモイ」「死ね」という言葉を軽いノリで発言する人もいますが

それが原因で自ら命を絶つ人もいます。

いじめの大半は言葉のDVからはじまるのです。

学校に訴えてもその現場を教師が見つけない限りいじめとして

認識してもらうのは難しいのです。

言葉のDVは、学生の間だけでなく、大人の社会でも当たり前に起きていますよね。

 

 

💕 言葉のDV(モラハラ)チエックリスト

*他人を見下した発言が多い

*おめえ、てめえなど恐怖心を煽る呼び方をする

*気に入らないことがあると舌打ちをしてオーラを出す

*「なんでできないの」「それでいいと思っているの」と小さなミスでも責める

*常に上から目線

*こちらが気にしていることをネタにして笑いものにする

*「だまれ」「ぶっ殺す」などの言葉を使って脅す

*褒めない

*「コミュニケーション能力が低い」「心がこもってない」など曖昧な言葉で非難する

*「自分が怒っているのはお前のせいだ」と何でも人のせいにする

*容姿をバカにしたり、対照的な人と比べてその人を褒めちぎる

言葉ではないですが、舌打ちや大きなため息も

相手を追い詰めるための立派な武器になります。

褒めないことも「気に入らなかったのかな」と

相手を不安にさせるので精神的なダメージになります。

 

 

💕 小さなことでも放置しないで

言葉のDVでできた心の傷は放っておくとどんどん大きくなります。

相手の言う通りダメな人間として自分を意識するようになっていきます。

そうならないためには、どんなに小さなことでも見逃さず

重い言葉として受け止めてくださいね。

相手に傷つくことを言われたらちゃんと怒ってください。

そして、自分を守ってください。

反撃すれば余計ひどいことを言われるかもしれませんが、

すべて受け入れていたら今後の改善は見込めません。

相手にどんなにひどいことを言われても信じてはいけません。

上司や家族や友だちなどから注意されることは誰にでもあるものです。

そこには、自分のためを思ってあえて言ってくれた言葉も多く含まれています。

でも、言葉のDVは違うのです。

相手を怖がらせるため、相手を支配するため自分が優位に立つためだけに

暴力的な言葉を発せられます。

そんな言葉を自分のために言ってくれているなんていう勘違いは絶対しないでくださいね。

 

 

 

これを言われたらDVだと言い切れる言葉はないですが、

なにかを言われて傷つき、それが何度も繰り返されるのなら、

それは、言葉のDVとして受け止めていいと思います。

言葉のDVは、目に見える傷は作られませんが、

相手を苦しめて精神的に追い詰める特徴があります。

気がついた時は、心も身体もボロボロになってしまっているのです。

私もそうだったんです。

気がついた時は、心も身体もボロボロになっていました。

もうそんな人は、増やしたくないのです。

それが、私の思いです。

配偶者、友だち、職場、パートナー、家族などの言葉で、

ひょっとしたらと思う発言があった場合は、早い目に信頼できる人や

言葉のDVを理解しているカウンセラーなどに相談してくださいね。

 

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です