もめたくないなぁ。 ~ママ友との付き合い方~

ママ友と上手く関係ができればいいですが、

トラブルが多発している噂を聞くと……。

しんどくなってしまいますよね。

 

ママ友つき合いの特徴を理解をして、ママ友同士のトラブルを回避しましょう。

 

1.気の合わないママ友と無理してつき合っている

自分の個性まで抑えてお付き合いしていると、ストレスが溜まってしまいます。

嫌々ママ友に合わせてつき合うと、自分にとってだけでなく、

子どもにとっても悪影響となります。

 

ママ友は、子どもを介した知り合いと一歩離れて接するのがいいと思います。

自分にの心に素直になると、ストレスだけでなくトラブルに巻き込まれるリスクも減らせますよ。

 

 

2.安易に個人情報を流出させてしまう

ママ友同士の交流に、必要以上の」個人情報は不要と思います。

トラブル回避のためにも、自分自身の情報だけでなく、

自分が知っている他のママの個人情報も流出させないよう言葉は、慎重に選ぶことが大切です。

 

 

3.安易にSNSでつながってしまう

SNSは確かに便利なツールです。

ひっきりなしに誰かと繋がていたい依存症やSNSを介した陰湿ないじめが

社会問題になっています。これは、ママ友の社会でもあります。

 

子どものクラブのお付き合いでは、連絡事項を回すための連絡手段としてSNSは便利です。

相手をよく知ってから、必要性を考えて利用するといいですね。

 

 

 

 

4.話す内容に気を配らない

どんな相手でも、おつきあいの基本は、相手へのマナーと思いやりですね。

どんな仲良くなった相手でも、ママ友とは節度をもったお付き合いを

心がけるようにすればいいと思います。  

 

 

 

5.相手に依存する

自分に置き換えてもわかると思いますが、子育て中の女性は忙しいです。

相手の様子を読み取ることも大切だと思います。

ママ友とは、必要な時だけ集まるという意識でいるほうがいいですね。

 

 

 

6.悪口や人の粗探しをする

ママ友のお付き合いに限らず、悪口を言うことは、

人との信頼関係を崩すNG 行為ですね。

女性、自己肯定感を求めがちな生き物だから、それがエスカレートして、

自分の評価を上げるために人をおとしめようとしがちです。

こういった集団の仲間には入らないことが大切です。

 

 

 

 

7.自分だけが話をリードする

おしゃべりは、ストレス発散の手法のひとつです。

他の方もおしゃべりしたいと思っているママ友だっているのではないでしょうか。

「自分が自分が……」と出しゃばりすぎないことが大切ですね。

 

 

 

 

ママ友との付き合いも子育ての一環として楽しむ気持ちを持つことが大切ですね。

同じ年齢の子どもいることで、共通の話題も多く、関心のあることも似ている場合が多いです。

とても、仲良くなれそうなものですが、トラブルやいじめが多発しているのが実情です。

 

メリットもたくさんあるので、つき合い方でとてもいい関係を築けるます。

思い切ってママ友をつくること大切なことと思います。

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です