ヒステリーにならないでニコニコと子育てしたいなぁ。と、思ってるあなたに。

前回、母親のヒステリーが子どもに与える影響をお話ししました。

できることなら、誰もがニコニコと笑顔で子どもと接したいと思っていますよね。

今日は、ヒステリーを改善する方法についてお話ししたいと思います。

 

前回もお話しした通り、女性であれば、ある程度ヒステリーを起こしてしまうことは仕方ないですが

やはり、悪影響があれば、改善したいという願いは、もちろんみんな持っていますよね。

子育て中にヒステリーをおさえて、感情をコントロールしていきましょう。

 

💝 睡眠や栄養をしっかりとる

心は、自律神経のコントロールを受けて感情の起伏を一定に抑えています、

睡眠不足が続いて身体が疲れていると自律神経が上手く働かなくなり、

イライラしたり、感情をおさえられずにヒステリーを起こしやすくなります。

 

イライラしているときほど睡眠をしっかり取り、負担を減らしてしっかり休み、

身体と心の回復を図ることが大切です。

 

また、感情は体から分泌されるホルモンの影響を大きく受けているので、

身体の体のバランスを正しく保つことが大切です。

ホルモンは食べ物から摂取する栄養を材料にしているから、

心の安定に良い栄養を取ることが大切です。

不足するとヒステリーを起こしやすい栄養素

・ビタミンB1

・糖

・トリプトファン

・食物繊維

 

ヒステリーに効果的な食べ物

・バナナ

・豚肉

・パスタ・そば

・油揚げ

・ほうれん草

・アボカド

・魚、肉、卵

・牛乳、ヨーグルト

・切り干し大根 など

 

💝 大声で笑ったり歌ったりする

自律神経が乱れ、感情のコントールが難しくなる原因のひとつにストレスがありますが

大きな声で笑ったり、歌ったりするとストレスが解消されます。

口を大きく開けることでたくさんの酸素を取り入れることで

脳に酸素をたくさん取り込むことで、気分がリフレッシュするのです。

 

大声で笑ったり歌ったりと楽しい時間を持つことは、

ドーパミンやβエンドルフィンといった「幸福ホルモン」の分泌を促し、

精神を安定させてヒステリーを抑える効果もあります。

ちょっと、イライラするときほど笑顔を心がけてくださいね。

 

 

💝 運動する

適度な運動は、自律神経の乱れを整え、感情を安定させる効果があります。

体を動かし運動することは体の各機能を程よく刺激し、ストレス発散する効果があるので

家の中でイライラしたときやヒステリーを起こしそうになったりときは、

散歩に出かけたり、軽く運動をするといいですよ。

 

💝 個室で深呼吸する

イライラするときやヒステリーを起こしそうになったとき、

周りに家族がいるとついつい感情的になったときは、

イライラの原因から離れることも大事です。

 

 

💝 寝る前に瞑想する

感情をコントロールする能力は、訓練によって鍛えることができます。

その訓練に有効なのが「瞑想」なんです。

毎日、わずかな時間でも心を落ち着けて瞑想することで自分の状態や感情を

客観的に見ることができるようになり、感情をコントロールしやすくなる効果があります。

 

 

ヒステリーは、子どもにとって悪影響を及ぼします。

ヒステリーを抑える努力をしましょう。

感情の自己コントロールで抑えられます。

今回、ブログにてあげた方法の他にもあります。

 

お知りになりたい方は、問合せより質問してくださいね。

あなたに合った方法をみつけて生きましょう。

私は、ボイスマルシェ公式カウンセラーです!詳しくはこちら!

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です